恋愛・結婚・生活
グルメ・動物・趣味
アンテナヘッドライン

 はてなブックマーク - スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

『タスマニアデビル』が救われるかもしれない、「おだやかな性格」に解決策か/豪タスマニア大学(*`・∞・´) はてなブックマーク - 『タスマニアデビル』が救われるかもしれない、「おだやかな性格」に解決策か/豪タスマニア大学(*`・∞・´)

00:09

Tasmanian Devil
Image Credit:Julia Koefender

◆引用元◆
【生物】タスマニアデビル襲う顔面腫瘍 「おだやかな性格」に解決策か/豪タスマニア大学
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1347408357/


1: ◆night5/llI @白夜φ ★:2012/09/12(水) 09:05:57.16 ID:???

タスマニアデビル襲う顔面腫瘍、「おだやかな性格」に解決策か 研究2012年09月04日 17:26 発信地:パリ/フランス

【9月4日 AFP】かみつき行為で伝染する顔面腫瘍により絶滅の危機にさらされているタスマニアデビルだが、タスマニアデビルの性格が変われば危機から救われるかもしれないとの研究が、英生態学会(British Ecological Society)の発行する英科学誌「Journal of Animal Ecology」に発表された。

タスマニアデビルの野生の個体数は、1996年に初めてデビル顔面腫瘍性疾患(DFTD)が現れて以降、90%以上減少した。この疾患に対しては治療法もワクチンもまだ見つかっていない。

タスマニア大学(University of Tasmania)のロドリゴ・ハメデ(Rodrigo Hamede)氏率いる研究チームは、4年間に及ぶ調査の末、興味深い事実を確認した――タスマニアデビルは、かみつかれる回数が少ないほど、この疾患に感染する可能性が高かったのだ。

「驚くべき、そして直感に反する」結果だったとハメデ氏は語る。

「大半の感染症では、スーパースプレッダー(広める能力が高い個体)と呼ばれる、伝染の要因となる少数の個体が存在する。だがわれわれが発見したことは、より攻撃的なタスマニアデビルが、スーパースプレッダーならぬスーパーレシーバー(受け取る能力が高い個体)になっていたということだった」

ハメデ氏によると、より攻撃的なタスマニアデビルは相手にかみつかれるよりも、相手をかみつくことの方が多く、その結果としてより弱いタスマニアデビルをかみついた際に感染してしまうという。

『内気』と『勝気』を区分するためにデビルの態度についての詳細なデータを集める必要がある。その情報を使って、より攻撃的でないデビルが自然淘汰の中で増えるような管理体制を整え、疾患の感染拡大を弱めることができるかもしれない」

そのためにもまずはタスマニアデビルの行動を観察することが不可欠であるとハメデ氏は語った。(c)AFP
_____________

▽記事引用元 AFPBBNews
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2899185/9460737

▽関連
Journal of Animal Ecology
Biting injuries and transmission of Tasmanian devil facial tumour disease
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2656.2012.02025.x/abstract
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1365-2656.2012.02025.x/full

14:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 10:33:11.84 ID:RT1H2GF2

>>1
噛み付くほうが、噛み付かれるより、相手の体液に晒される…言われれば当たり前だな。w


2:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:11:01.27 ID:bcOGS4w9

スーパーサイヤ人かよwwwwwwwwwwww 


33:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 19:41:13.82 ID:xQ50AKXP

見た目は丸顔で可愛い顔なんだよね

だが死体を好み骨を噛み砕いて食べるという性質、
人間の笑い声そっくりの鳴き声をだすこと、などからデビルと名づけられた

死体を争って食うときに、気の荒い個体は邪魔な個体に噛みつき、?まれた方も普通は応戦する
それで互いに噛み合って、腫瘍を伝染させ合ってしまう



35:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 20:25:54.90 ID:FBG/z2dM

これってタスたんが獲得しつつある一種の防御手段じゃないのか(´・ω・`)?


3:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:13:23.91 ID:kib0CBqD

めちゃくちゃ論理


4:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:19:03.00 ID:1qEpT9zj

人類に貞節を求めるくらい難しくないか?(例:HIV、子宮頚がん)


16:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 10:53:35.41 ID:pvwo65fD

>>4
セxクスすると気持ちいいが
かみついてもだれも気持ちよくない


26:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 14:03:52.58 ID:oczvfcRM

精神安定剤入のエサを森にばら撒くってこと? 


32:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 16:59:57.01 ID:1orVeT8Y

ロボトミーやっちゃうの? 


5:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:23:06.08 ID:bmIFm1Bx

感染個体を一挙に殺処分する手段は、もうとれないの?


7:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:36:44.14 ID:y0txw1b5

>>5
その手段は無謀過ぎる
ただでさえ個体数少ない希少動物なのに


10:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:53:11.47 ID:p8n6G0dj

>>5
母子間感染はしないから、最終手段としては子供だけ隔離して人工飼育する方法は取れる
確か成獣の感染率は8割超えてた気がするから、カエルツボカビ病みないな対策が有効かも


13:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 10:32:12.69 ID:h7XRWOU3

>>10
垂直感染しないの?
なら、出産後隔離で非汚染地域から引き離すしかないよな
そうやって、無菌世代を増やして固体群を別に作ってやれば繁殖するだろ


22:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 12:22:25.79 ID:UXDKbtZf

>>13
既にやってる。


6:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:25:33.95 ID:HbEL99cT

そして人間に管理され穏やかな性格となったデビルは警戒心すら失い
他の生物との生存競争に負けて絶滅したのでした。


星新一か


星新一(Wikipedia)


31:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 16:55:46.45 ID:Z7M4Sftw

>>6
もともと人間以外と同種以外に警戒しなきゃいけない種は既にいないから問題なさそう。


34:はんどるとらふりぃ ◆7DSin/vN4A :2012/09/12(水) 20:10:19.59 ID:BnDN+GK6

>>6
きっとコアラみたいに愛玩動物として生き残るよ。


17:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 11:15:49.18 ID:FlbokgFT

バカな動物が勝手に絶滅するのだ
ほっとけばいい

その自然の摂理を改変しようとする行為は
乱獲による絶滅と同じく罪深い行為だと知りなさい



11:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 10:13:15.37 ID:a8Mkt+G5

これ絶滅するね。
自然の摂理としちゃしょうがあるまい。


8:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:49:06.46 ID:wNEh9duT

逆吸血鬼


20:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 11:52:56.46 ID:ou/gNq6R

つまり内弁慶なおまいら大勝利


27:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 14:53:14.53 ID:XHcm8y8N

噛まれると伝染るんじゃなくて噛むと伝染るわけね

ゾンビのイメージとは逆だが
BSEが食うことによって感染することを考えれば
ある意味当然といえるな


9:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 09:53:09.62 ID:LKUGegq4

要するに癌が個体を超えて転移しているということ。 
通常は起こり得ないことだが、今のタスマニアデビルは、 
それが起こるくらい遺伝的に均質になっているわけ。 
遺伝的変異の幅が少ないから〝品種改良〟も難しいだろうな。 


18:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 11:37:17.89 ID:LKUGegq4

隔離集団を生き残らせることができたとしても、
遺伝的多様性の欠如という根本前提があるかぎり、
新しい別の病気で似たような危機を繰り返すことになるだろう。

昔の剥製から遺伝子を採取してクローニングし、
遺伝的多様性を増やす……なんていう解決が可能になるまで、
問題を先送りしていくしか無いだろうね。



21:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 12:22:04.58 ID:d35ij3jL

遺伝的変異が少ないんだよな
チータもだけど

人間が全面的に介入しないと絶滅するわ


19:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 11:52:23.85 ID:VLBiwRfX

やっぱり昔には存在してなかった、牛、馬、羊、キツネ、ネズミだの入れたからか


25:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 13:57:56.73 ID:wt20+Fjn

性格を直す前に絶滅しそう


36:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 20:38:16.84 ID:G4unFHBp

>>25ていうかデビルっていっぺん絶滅しかけたんだろ?

タスマニアデビル(Wikipedia)
1996年に初めて公式に報告された「デビル顔面腫瘍性疾患(DFTD)」と呼ばれる病気によって、この10年間で30〜40%まで個体数が減少している。 自然発生的な伝染病のみを原因として生物が絶滅することは稀だが、環境的な要因が加わると、加速度的に個体数が減少する可能性がある。 2000年前後にハンティング目的で不正にもたらされたキツネが野生化して個体数を増やしつつあり、仮にDFTDが収束したとしても、いちど食物連鎖の頂点を追われた動物が元の地位・生息数・生息地域に戻ることは困難である。2006年、オーストラリア政府は本種を絶滅危惧種(危急 - Vulnerable)に指定した


29:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 16:02:27.74 ID:p8n6G0dj

まあ個体としての耐性はなくとも、種としての耐性はできつつあるよ
どういうことかというと、こいつら癌で死ぬ前にちゃっちゃと交尾して子孫残せるよう早熟になってきてる
つまりいずれ癌で死ぬけど、その前に次の世代が生まれるから集団の個体数は維持される


30:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 16:41:09.77 ID:6znCc8XA

なんだろう・・母子感染しないんであれば、一世代隔離しちゃえば
まぁ、一世代分は正常な形で残せるけど・・
(反面、本来自然で受け取るべき、抵抗力を失う可能性も有り>絶滅のスピードを加速させてしまう

うーん・・ウイルスじゃなくて、この種の体表面に寄生している細菌とかソッチ方面のような気もするなぁ


23:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 13:00:59.14 ID:t2Lhgy+n

ホバートの動物園に行ったが、飼育されてるタズメィニアンデヴィルの名前が
エンジェルだった。

別に面白くもないんだが...


28:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 14:53:41.98 ID:g+WSlTmz

レディ・ガガか黒柳徹子が興味を持つと問題は解決する。


24:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 13:33:32.79 ID:nfA2uV9n

デビルからエンジェルになるのか


12:名無しのひみつ:2012/09/12(水) 10:22:52.98 ID:UYXSwjGe

のちのタスマニアンエンジェルの誕生である




◆はぴにゅ~。関連記事◆
かわいい悪魔、タスマニアデビルの赤ちゃん誕生 / オーストラリア タロンガ動物園(*´∞`*)

スポンサードリンク

おすすめブログ最新記事

コメント

  1. ななし 06:16:06 ID:-

    数が減って、多様性を維持できなく維持できなくなったから、感染症が蔓延してるのかな。
    感染しない個体は生まれないのかね。スーバーデビル!
    でも、期待しない方がいいかもだな。

    また絶滅って言葉聞くのかと思うとせつねぇな。

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。