恋愛・結婚・生活
グルメ・動物・趣味
アンテナヘッドライン

 はてなブックマーク - スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の優しさは遺伝子のせいかもしれない-ウイリアムス症候群 はてなブックマーク - 私の優しさは遺伝子のせいかもしれない-ウイリアムス症候群

00:42

entry_img_109.jpg 

◆引用元◆
【遺伝子病】私の優しさは遺伝子のせいかもしれない-ウイリアムス症候群
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1345180379/


1:sin+sinφ ★:2012/08/17(金) 14:12:59.75 ID:???

極端にやさしい遺伝子を持つ、ウイリアムス症候群の子どもと大人

ウイリアムス症候群はほんのわずかな人しか知らないぐらい珍しい遺伝子の病気だ。日本ではあまり研究が進んでおらず、数年前まで一般の小児科にすら知られていなかったそうだ。

欧米では、7,500人の新生児のうち、たった1人が発症する。その一方で、彼らが出会う人々に放つ、強烈に印象的な活気と暖かな思いやり。それがウイリアムス症候群が時折放つ魅力でもある。

ABC放送のクリス・クオモの番組では、ウイリアムス症候群の子供たちのキャンプを取材した。クオモがキャンプに参加したとき、彼はハグと歓迎の嵐に襲われた。さらに次には質問の嵐。”好きな色は何色?””どこに住んでるの?””恐竜のバニー(ABC系の子供番組のピンクの恐竜。)に会ったことある?”

ウイリアムス症候群の子供たちはたいていその顔かたちの種類で特定することができる。その顔の小ささ、尖った歯、上を向いた鼻、一目でわかる目の下の膨らみ。しかしそのキャンプでは相手が何者か、どんな外見かにかかわらず、全員が友達になろうとしているのだった。

"小さな子供達が近寄ってきて、あなたの顔をジッと見たとする、そしてきっとその視線からのがれるのは難しいでしょう。"ボストン大学の研究所でウイリアムス症候群の子供たちの社会的な行動を研究しているヘレン・タガー・フラスバーグはそう説明する。”相手が面識がある人であっても、まったくの初対面であっても、4.5歳の症候群の子供たちは、少なくとも5分以内でその相手と友達になるでしょう。”

ヨーロッパでの調査員による興味深い研究によると、ウイリアムス症候群の子供は人種の偏見が全くと言っていいほど無い。子供たちや 赤ちゃんでさえ、自分と同じ人種を好むというぐらいに強く焼き付けられている人種の偏見の神経経路が、どういうわけかこの病気の子供たちには不足しているようだ。(続く)

▽ソース:極端にやさしい遺伝子を持つ、ウイリアムス症候群の子どもと大人
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52096722.html
リンク先にABC放送の動画があります。

▽画像








スポンサーサイト

おすすめブログ最新記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。