恋愛・結婚・生活
グルメ・動物・趣味
アンテナヘッドライン

 はてなブックマーク - スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八幡平 三ツ石山山頂 『紅葉シーズン』を迎えオレンジ色のパノラマが鮮やか( *´ω`*)  はてなブックマーク - 八幡平 三ツ石山山頂 『紅葉シーズン』を迎えオレンジ色のパノラマが鮮やか( *´ω`*)

11:51

Transparent and colorful leaves
Image Credit:Takashi(aes256)

◆引用元◆
【岩手】「わあ、きれい」「目が覚めるね」…澄み切った空気、まるで別世界!オレンジ色のパノラマ、八幡平・三ツ石山山頂で紅葉シーズン
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1349224503/


1:生徒もろきみ!φ ★:2012/10/03(水) 09:35:03.66 ID:???

雫石町と八幡平市にまたがる三ツ石山(1466メートル)の山頂付近は木々が色づき始め、紅葉シーズンを迎えた。大自然の中にオレンジ色のパノラマが鮮やかに広がっている。

登山者は網張温泉西側の大松倉橋先ゲートから入山し、クマよけの鈴を鳴らしながら一歩一歩上へ。約2時間で山頂に到着した。

「わあ、きれい」「目が覚めるね」。澄み切った空気の中で、歓声が上がった。オレンジ色や赤、黄色などに染まったミネカエデはじゅうたんのよう。緑に包まれた山々の中で、三ツ石山の山頂付近だけが別世界だ。

地元ガイドによると、三ツ石山の紅葉は今月10日ごろまで楽しめそうという。

ソース(岩手日報)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20121003_P

写真=紅葉が見ごろを迎えた三ツ石山山頂付近。鮮やかなコントラストが登山客の目を楽しませている=2日午後


2:やまとななしこ:2012/10/03(水) 09:40:22.42 ID:/vlsHac+

キレイダワァ*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:* ミ ☆


スポンサーサイト

【花】陸前高田市 津波で被災した水田で『友情のヒマワリ』が満開に、元気いっぱいに走る子どもたち( *;ω;*) はてなブックマーク - 【花】陸前高田市 津波で被災した水田で『友情のヒマワリ』が満開に、元気いっぱいに走る子どもたち( *;ω;*)

23:45

◆引用元◆
【岩手】満開のヒマワリ畑の中を、元気いっぱいに走る子どもたち…「友情のヒマワリ」満開に、陸前高田の被災水田(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1344039751/

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/08/04(土) 09:22:31.10 ID:???

陸前高田市矢作町の津波で被災した水田で、ヒマワリが満開に咲き広がっている。外部支援を受けて種をまき、地元住民は「友情の証」として復興への希望を重ねている。

【※以下略:全文は下のソースを参照してください。】

ソース(岩手日報)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20120804_P

写真=満開のヒマワリ畑の中を、元気いっぱいに走る子どもたち


2:やまとななしこ:2012/08/04(土) 09:23:59.54 ID:IUtj8+u/

写真がいつものように小さいな・


二戸市 100万匹のヒメボタルの里、折爪岳で『地域の宝ひめほたるフェスティバルin折爪岳』が開催 はてなブックマーク - 二戸市 100万匹のヒメボタルの里、折爪岳で『地域の宝ひめほたるフェスティバルin折爪岳』が開催

23:30

折爪岳のヒメボタル 
◆編集元◆
【青森】「地域の宝、ひめほたる」…折爪岳でヒメボタルの生息調査、ヒメボタル生かした街づくり探る(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1342539499/

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/07/18(水) 00:38:19.99 ID:???

「地域の宝ひめほたるフェスティバルin折爪岳」と銘打ったイベントが14~16日、二戸市と軽米町、九戸村にまたがる折爪岳(852メートル)山頂周辺を会場に初めて開かれた。全国の研究者や保護団体が集い、生息調査をしたり、保全活動の事例を発表したりしながら、ヒメボタルを生かした街づくりの方策について理解を深めた。 

折爪岳には100万匹ものヒメボタルが生息するといわれ、東北有数の規模を誇る。フェスティバルは、折爪岳の貴重な資源であるヒメボタルの生息調査とともに、ヒメボタルを核にした地域振興を考えるのが狙い。 

3市町村で組織する折爪岳振興協議会(会長・小保内敏幸市長)などが主催し、全国から保護団体や関係者ら約40人が参加した。 

ソース(デーリー東北)
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/07/17/new1207172201.htm 

写真=折爪岳でヒメボタルの生息調査を行う参加者たち 
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/07/17/img1207172201.jpg 【写真リンク】

2:やまとななしこ:2012/07/18(水) 01:39:52.15 ID:TMK09SuQ

青森じゃねぇ!岩手だ! 



葛巻町で自然体験プログラム『森のしょうがっこう』が開催 はてなブックマーク - 葛巻町で自然体験プログラム『森のしょうがっこう』が開催

22:30

◆編集元◆
【岩手】さあ、カブトムシを捕まえよう!森の中にこだまする子どもたちの歓声…葛巻で自然体験学習「森のしょうがっこう」(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1342086134/

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/07/12(木) 18:42:14.77 ID:???

くずまき高原牧場(岩手県葛巻町)で7月7日・8日、自然体験学習プログラム「森のしょうがっこう」が開催された。 

同プログラムは、小学校1年生から3年生とその家族を対象とし、さまざまな自然体験活動を通じて、子どもが本来持っている感覚や感性を引き出すことが目的。牧場が主催することから、森や川などの自然体験のほかに、動物との触れ合いを通じ命の大切さも学べる。 

きっかけは3年前にスタートした「森のようちえん」。現在は、年間で延べ3000人が参加するほどの人気で、リピーターも多い。幼稚園を卒業し対象年齢を外れた保護者などから、小学生向けのプログラムの要望が出されていた。 

1回目の開催となった今回は15組の家族が参加。1泊2日の日程で、夜はテントに親子で泊まり、森の紙芝居、カブトムシ採集、ラベンダー摘み、リース作製、キャンプファイヤー、アイスクリーム作りなどを楽しんだ。 

盛岡市から家族3人で参加した佐々木斉さんは「『森のようちえん』時代から参加している。こどもが小学生になり、『森のようちえん』 に参加できなくなったので、森のしょうがっこうが始まったのは本当にうれしい。自然の中でのびのびと遊んでいる子どもの顔を見るのが楽しみ」と話し、「スーパーなどでくずまき高原牧場のチーズや牛乳を見るとつい手が伸びるようになった」と目を細めた。 

同牧場で企画・運営を担当する木村元思さんは、「多くの方に毎回申し込んでもらい、うれしく思っている。以前より、小学生向けのプログラムの要望はあったが震災の影響もありスタートが遅くなってしまった」と話す。「子どもたちが大自然の中で遊んでいる間、お父さんお母さんにも一人の時間をゆっくりと楽しんでほしい」とも。 

森のしょうがっこうは、今年は残り3回を予定するが、すでに申し込みは終了している。 

ソース(盛岡経済新聞)
http://morioka.keizai.biz/headline/1120/ 

写真=森の中へカブトムシ採集に向かう参加者たち 
http://images.keizai.biz/morioka_keizai/headline/1342061475_photo.jpg 【写真リンク】

3:やまとななしこ:2012/07/12(木) 19:02:58.56 ID:+cTSzqL3

漏れの子供時代に乱獲したせいで、すっかり数が減っちまった...



おすすめブログ最新記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。