恋愛・結婚・生活
グルメ・動物・趣味
アンテナヘッドライン

 はてなブックマーク - スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆ちょっと月見てみてよ(´,,・ω・,,`)  はてなブックマーク - ☆ちょっと月見てみてよ(´,,・ω・,,`)

22:39

Blue Moon 
Image Credit:hiha+

◆引用元◆
ちょっと月見てみてよ
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1351512478/


1:名も無き被検体774号+:2012/10/29(月) 21:07:58.55 ID:R3aeT5uc0

すごく綺麗なんですけど


41:名も無き被検体774号+:2012/10/30(火) 20:27:41.95 ID:7+GwpGA50

わー綺麗ね(´,,・ω・,,`)


2:名も無き被検体774号+:2012/10/29(月) 21:09:57.65 ID:wM3fTVmD0

俺もさっき気づいた。
月の周りに薄ら輪が出来てる。


4:名も無き被検体774号+:2012/10/29(月) 21:10:47.25 ID:R3aeT5uc0

>>2
ね!ね!
はじめて見て興奮したわ~



3:名も無き被検体774号+:2012/10/29(月) 21:10:46.99 ID:M/unNQF70

なんか…ええやん?


5:名も無き被検体774号+:2012/10/29(月) 21:11:27.50 ID:R3aeT5uc0

>>3
なー
ええやんなー



スポンサーサイト

にゃんと!宇宙にネコの目? 「惑星状星雲」NASAが画像公開 他ハッブルとチャンドラ撮影画像など(*ΦωΦ) はてなブックマーク - にゃんと!宇宙にネコの目? 「惑星状星雲」NASAが画像公開 他ハッブルとチャンドラ撮影画像など(*ΦωΦ)

18:11

NASA Image, Hubble ST, Cat's Eye Nebula   
Image Credit:NASA, ESA, HEIC, and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA)

◆引用元◆
【宇宙】ネコの目? 「惑星状星雲」NASAが画像公開[12/10/17]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1350446581/


1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/10/17(水) 13:03:01.24 ID:???

宇宙に猫の目——。米航空宇宙局(NASA)などは、地球から5千光年以内にある惑星状星雲と呼ばれる天体の画像を公開した。星から流出したガスが、丸い輪郭の中にアーモンド状に広がっているユニークな形のものもある。

NASAの観測衛星などで捉えた。惑星状星雲は、太陽の8倍以下の質量を持つ星の寿命が近づくと、表面からガスが放出され、高温になった星からの紫外線に照らされて輝いてみえる。星が一生を終えてゆく段階で、この猫の目もやがて閉じられることになる。

ソースは
http://www.asahi.com/science/update/1016/TKY201210160123.html
画像は


■NASA http://www.nasa.gov/
A Planetary Nebula Gallery
http://www.nasa.gov/mission_pages/chandra/multimedia/planetary_nebula.html
画像は

【※大きい写真は上の各ソースよりご覧ください。】

惑星状星雲(Wikipedia)


3:やまとななしこ:2012/10/17(水) 13:06:36.68 ID:Ju0FqX3I

にゃーん 



9月30日は『中秋の名月』 明かり消し、月夜楽しもう 月のうさぎさんは元気かな?( *´ω`*) はてなブックマーク - 9月30日は『中秋の名月』 明かり消し、月夜楽しもう 月のうさぎさんは元気かな?( *´ω`*)

23:30

Blue Heron on a Blue Moon...
Image Credit:g'pa bill (losing hope of ever catching up)

◆引用元◆
【宇宙】明かり消し、月夜楽しもう…30日は「中秋の名月」
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1348444659/


1:生徒もろきみ!φ ★:2012/09/24(月) 08:57:39.64 ID:???

三十日は旧暦の八月十五日にあたる「中秋の名月」。都市部では光害や大気汚染で星空を眺める機会が少ないが、この日ばかりは明かりを消して、月夜を楽しんではどうだろう。地球もまた宇宙に浮かぶ美しい星の一つ。月明かりの下、電気のない時代に思いをはせ、環境問題を考えてみては。

「今年は太陽が月に隠される『金環日食』、そして金星が月に隠される『金星食』と、月が関係する天体ショーが続きました」。そう話すのは、宇宙の仕組みを分かりやすく展示している「はまぎんこども宇宙科学館」(横浜市)のプラネタリウム解説員、亀岡千佳子さん(51)。亀岡さんに、月を楽しむためのポイントを聞いた。

月は四十六億年前、地球に隕石(いんせき)のようなものがぶつかり、剥ぎ取られた物質が固まってできたとされる。つまり、地球の弟分。大きさは地球の約四分の一で、地球から約三十八万キロの場所を楕円(だえん)を描いて回っている。

なぜ、この時期の満月が名月と称されるのか。亀岡さんは「秋は空が澄んでいる上に、月が真東から上がり、ちょうど見上げやすい位置を通るから」と説明する。さらに、「夏まで忙しかった農家が一休みして、月をめでながら収穫を祝う意味もあったのでは」。

三十日の月の出は、午後五時すぎ。亀岡さんは「ぜひ、月のうさぎを観察してほしい」と話す。

うさぎが餅をついているように見えるのは、実は月の火山から流れ出した溶岩が黒く固まった場所で、海と呼ばれる。それぞれに「静かの海」「危難の海」などの名前もある。

「日本ではうさぎや二宮金次郎に例えられるが、世界では女性の顔、カニなどの例も。自分には何に見えるか、考えると楽しい」

双眼鏡があれば、ティコとコペルニクスという大きなクレーターを見ることもできる。クレーターは隕石がぶつかった跡だ。満月の明るさはマイナス一二・五等級。電灯がなくても、新聞の大きな見出しを読むことができるという。「実際に文字が読めるか試すのも面白い」

地球以外の天体で唯一、人間が降り立った月。米航空宇宙局(NASA)は月への居住計画を進めている。「将来、あそこに住むかもしれない」。月の光の中、そんな想像を膨らませるのも楽しい。

ソース(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2012092402000106.html

図表=月の海とクレーター


図表=各地の観月会、お月見イベント


2:やまとななしこ:2012/09/24(月) 09:01:02.93 ID:a1SvTAza

「白玉の歯にしみとほる秋の夜の 酒は静かに飲むべかりけり」

若山牧水。




天の川銀河に不思議な「ぶたのしっぽ」、慶応大や国立天文台などの研究グループが発見(*´∞`*) はてなブックマーク - 天の川銀河に不思議な「ぶたのしっぽ」、慶応大や国立天文台などの研究グループが発見(*´∞`*)

23:50

◆引用元◆
【宇宙】不思議な「ぶたのしっぽ」、天の川銀河に[12/09/05]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1346803683/


1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/09/05(水) 09:08:03.41 ID:???

慶応大や国立天文台などの研究グループは、太陽系から約3万光年離れた天の川銀河の中心部で、不思議ならせんを描くガスの雲を見つけた。この雲の形状から、「ぶたのしっぽ」分子雲と名付け、4日発表した。

観測は、国立天文台野辺山宇宙電波観測所(長野県)の電波望遠鏡を使った。分子雲全体の長さは60~70光年で、豚のしっぽのようにらせん状に巻いた部分の直径は50光年ほど。ほとんどは水素ガスでできており、その量は太陽数十万個分という。

天の川銀河の中心部で周回している二つの巨大な分子雲の塊が衝突し、こすれあってできた可能性が高いとしている。180万年かけてらせん状のねじれが生じたらしい

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120905-OYT1T00255.htm?from=navlp

「ぶたのしっぽ」分子雲のイメージ図

Image Credit:©Keio University / NAOJ 

■国立天文台 http://www.nao.ac.jp/
2012年9月 4日 天の川銀河の中心部で「ぶたのしっぽ」分子雲を発見
http://www.nao.ac.jp/news/science/2012/20120904-nro-pigtail.html
同じ画像ですが
http://www.nao.ac.jp/contents/news/science/2012/20120904-nro-pigtail-fig4-l.jpg

6:やまとななしこ:2012/09/05(水) 11:07:39.58 ID:zz2zBkGZ

180万年かけて出来たという長さ60~70光年の豚のしっぽ。
ブーブー。



【月】今宵の月は1カ月で2度目の満月『ブルームーン』、見ると幸せになれるかも?まだ間に合う!(*`・ω・´) はてなブックマーク - 【月】今宵の月は1カ月で2度目の満月『ブルームーン』、見ると幸せになれるかも?まだ間に合う!(*`・ω・´)

20:46

Blue Moon 
Image Credit:tonynetone

◆引用元◆
【宇宙】見ると幸せになれる? 今宵の月は「ブルームーン」 ホントに青く見えるわけではありません[12/08/31]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1346391733/

1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/08/31(金) 14:42:13.48 ID:???

本日8月31日は、いつもの満月とちょっと違う「ブルームーン」が見られるそうです。Twitterでも朝から「ブルームーン」がトレンドワードに入り続けています。

といっても、見た目にはいつもの満月とまったく違いはありません。「ブルームーン」とは、1カ月の間に2度満月が巡ってくることを指す言葉。3年に1度くらいの頻度で起こり、一部では「見ると幸せになれる」との言い伝えもあるのだとか。

本来はそのまま「青く見える月」のことを指す言葉でしたが、それが転じて「非常に珍しいこと」を英語で「ブルームーン」と表現するようになり、さらに転じて「1月の間に2度満月が巡ってくること」もブルームーンと呼ぶようになりました。ちなみに月が青く見える、ホントの「ブルームーン」もまれに起こるそうですが、こちらは主に山火事や火山灰などで、赤い波長の光が遮られた時に見られる現象なのだそう。幸せどころかむしろ災害……! というツッコミはこの際、心の中にしまっておきましょう。

ソースは
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1208/31/news044.html

写真はNasaのサイトより。実際に観測されたものではなく、青いフィルターを使って撮影したものだそうです


11:やまとななしこ:2012/08/31(金) 15:56:16.73 ID:pFOEV1fp

俺が満月見ると危険だからな


【流星群】夏の夜空を彩る『ペルセウス座流星群』、10日夜から見ごろに( *´ω`*) はてなブックマーク - 【流星群】夏の夜空を彩る『ペルセウス座流星群』、10日夜から見ごろに( *´ω`*)

23:35

The 2010 Perseids over the VLT
Image Credit:European Southern Observatory



◆引用元◆
【宇宙】「ペルセウス座流星群」10日夜から見頃に 14日未明には金星食も[12/08/08]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1344408869/

1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/08/08(水) 15:54:29.36 ID:???

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120808-OYT1T00573.htm

夏の夜空を彩る「ペルセウス座流星群」が、10日夜から14日未明にかけて見頃を迎える。

国立天文台によると、最も見やすいのは12日午後9時過ぎから13日未明にかけて。暗い所なら1時間に30個ほど、市街地でも数個程度は観察できそうだ。月の出は真夜中過ぎだが、大きく欠けているため、それほど観察の障害にはならないという。

【※中略:全文は上のソースを参照してください。】

国立天文台は、特設ホームページ(http://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/20120810-perseid/)を設けている。

-以上です-

13:やまとななしこ:2012/08/09(木) 08:22:32.02 ID:Hc9VlgPL

>>1

流星群は結構観たいかも。



欧州南天文台が『猫の手星雲』の画像を公開 はてなブックマーク - 欧州南天文台が『猫の手星雲』の画像を公開

12:40

夜空に輝く赤い肉球、「猫の手星雲」
Image Credit:European Southern Observatory

◆編集元◆
【宇宙】夜空に輝く赤い肉球、「猫の手星雲」[12/07/10]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1341968416/

1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/07/11(水) 10:00:16.57 ID:???

欧州南天天文台(European Southern Observatory、ESO)は9日、さそり座にある「Cat's Paw Nebula(猫の手星雲)」(NGC 6334)の画像を公開した。星が散りばめられた暗い宇宙を背景に、赤い雲状のガスが作る独特な形を捉えている。 

この画像は南米チリのラ・シーヤ天文台(La Silla Observatory)のMPG/ESO2.2m望遠鏡が観測した画像と、アマチュア天文家のロバート・ジェンドラー(Robert Gendler)氏とライアン・M・ハナホー(Ryan M. Hannahoe)氏が0.4m望遠鏡で60時間露光して撮影した画像を合成したもの。 

MPG/ESO望遠鏡の輝度情報にジェンドラー氏とハナホー氏が得た色彩情報を加えてこの鮮やかな画像が出来上がった。 

猫の手星雲は夜空で天の川銀河(Milky Way)の中心近くに位置しているように見えるが、地球からの距離は約5500光年と比較的近い。幅は約50光年で、天の川銀河の中で最も活発な星形成領域の1つ。ここ100万~200万年の間に生まれた青い大質量星を多数有している。 

この星雲には数万個の星が存在しているとみられているが、ガスとちりの雲に覆われているため、全ての星を見ることはできない。 
 
ソースは 
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2888739/9233016 

■ESO http://www.eso.org/public/ 
9 July 2012 The Cat's Paw Remastered 
http://www.eso.org/public/images/potw1228a/ 

画像は 
http://www.eso.org/public/archives/images/screen/potw1228a.jpg 【写真リンク】


8:やまとななしこ:2012/07/11(水) 10:23:20.75 ID:lZlBTLY8

綺麗 


おすすめブログ最新記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。