恋愛・結婚・生活
グルメ・動物・趣味
アンテナヘッドライン

 はてなブックマーク - スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野動物園 ずんぐりむっくり在来家畜に会いに来て、飼育係のリレートーク( *´ω`*) はてなブックマーク - 上野動物園 ずんぐりむっくり在来家畜に会いに来て、飼育係のリレートーク( *´ω`*)

13:07

Old Japanese Photo, Posing Farmers
Image Credit:born1945

◆引用元◆
【東京】「かつてのほのぼのとした関係から、日本の歴史を振り返って」…会いに来て、ずんぐりむっくり在来家畜、上野動物園(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1348789777/


1:生徒もろきみ!φ ★:2012/09/28(金) 08:49:37.78 ID:???

昔から飼われてきたものの、絶滅の危機にある日本在来種の家畜「在来家畜」の飼育と展示に力を入れる上野動物園(台東区)は二十九日、飼育係のリレートークを行う。教育普及課の高藤彰さん(60)は「人と動物が共に働き、暮らした時代を伝える在来家畜たちに、ぜひ会いにきて」と参加を呼び掛ける。

上野動物園の西園にある「子ども動物園」には、長野県原産の木曽馬や愛媛県の野間馬など四頭の在来馬がいる。競馬などで見るサラブレッドとは違い、どの馬も背が低く、足も短めだ。

「ずんぐりむっくりでしょう。この丈夫な体とひづめで、人や荷物を運び、畑を耕したんですよ」と高藤さんは目を細める。粗食に耐えられ、性格が温厚なのも特徴という。

明治の富国強兵策以後、日本では西洋馬の導入が進んだ。現在、国内には約八万頭の西洋馬がいるのに対し、在来馬は八種で約二千頭。各地で保存会が繁殖などに取り組む。

上野動物園は、二〇〇七年に鹿児島県からトカラ馬の「琥(こ)太郎」を皮切りに、在来家畜の飼育に本腰を入れ始めた。今では山口県の見島牛など在来牛二頭、沖縄県の豚「アグー」三頭、トカラヤギ二十六頭、鶏約四十羽などを飼育している。

取り組みの理由を高藤さんは「在来家畜に触れ、人と動物の豊かな関係を知ってほしいから」と話す。馬や牛は多くの民話や講談に登場し、馬小屋と人の住居が一体化していた地方もあった。

今では農業の機械化で、馬や牛たちの出番はない。経済効率が最優先され、牛や鶏などは肉や卵が多く取れる品種ばかりが飼育される。高藤さんは「かつてのほのぼのとした関係から、日本の歴史や社会を振り返ってほしい」と話す。

リレートークは午後一時~二時半、子ども動物園で。高藤さんと飼育係五人が担当動物について話す。

ソース(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20120928/CK2012092802000084.html

写真=野間馬の「えりか」に話しかける高藤彰さん


9:やまとななしこ:2012/09/28(金) 09:49:37.77 ID:6e5m9H7g

かわいいなぁ 

スポンサーサイト

おすすめブログ最新記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。