恋愛・結婚・生活
グルメ・動物・趣味
アンテナヘッドライン

 はてなブックマーク - スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都市動物園 赤ちゃんゴリラ・ゲンタロウ、10ヵ月ぶりに母の胸へ帰る@(*`・ω・´)@ はてなブックマーク - 京都市動物園 赤ちゃんゴリラ・ゲンタロウ、10ヵ月ぶりに母の胸へ帰る@(*`・ω・´)@

13:06

Baby backpack
Image Credit:TimWilson
※別のゴリラです。


◆引用元◆
【京都】赤ちゃんゴリラ・ゲンタロウ、10ヵ月ぶりに母の胸へ帰る…人の手から母親の元に戻す粘り強い取り組みが奏功、京都市動物園
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1351785177/

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/11/02(金) 00:52:57.93 ID:???

京都市動物園(左京区)で母子分離で飼育中の赤ちゃんのニシゴリラ・ゲンタロウ=写真=が5日、約10カ月ぶりに母ゲンキの元に戻ることになった。長期間親元から離すと再び一緒に暮らすのは難しいとされるが、人の手から母親の元に戻す園のねばり強い取り組みが奏功した。

ゲンタロウは昨年12月21日に生まれた。しかし母親の母乳が出ずに衰弱状態に陥り、25日に飼育員による人工保育に切り替えた。

園は今年5月、人の手から親元へ段階的に帰す「バトンリレープロジェクト」を開始。母親の不在時に屋内展示室で短時間過ごさせて母親のにおいに慣れさせたり、母親と1日1時間ほどおり越しに対面させたりした。

指を触れ合うなど、良好な関係が築けており、ゲンタロウも順調に成長していることから、園は母子同居が可能と判断した。

6日以降は落ち着いた環境づくりのために当面展示を休止する。園は父親のモモタロウとの関係づくりも促し、「順調にいけば来春にも3頭で同居させたい」と期待している。

ソース(京都新聞) http://kyoto-np.jp/sightseeing/article/20121101000162
写真=母親のゲンキの元に戻ることになったゲンタロウ


4:やまとななしこ:2012/11/02(金) 08:38:38.58 ID:Sv57o4J6

かわいい 


スポンサーサイト

八幡市 松花堂庭園 かれんな『純白のヒガンバナ』咲く 「赤いヒガンバナとの共演も楽しんで」( *´ω`*) はてなブックマーク - 八幡市 松花堂庭園 かれんな『純白のヒガンバナ』咲く 「赤いヒガンバナとの共演も楽しんで」( *´ω`*)

22:02

Lycoris radiata(write)
Image Credit:sakura_chihaya+

◆引用元◆
【京都】「赤いヒガンバナとの共演も楽しんで」…秋風に吹かれるかれんな花、純白のヒガンバナ咲く、八幡・松花堂庭園(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1348275056/

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/09/22(土) 09:50:56.93 ID:???

京都府八幡市の松花堂庭園で白いヒガンバナが咲き始めた。秋風に吹かれるかれんな花が、訪れた人たちの目を楽しませている。

曼珠沙華(まんじゅしゃげ)とも呼ばれるヒガンバナは多年草の球根植物。線状の花びらが反り返る形が特徴だ。

園では、約15年前に来園者から譲り受けた株を増やし、現在は5カ所で計百株ほどを育てる。純白や薄黄色のほか、花びらの先端がうっすらと赤く染まる株もある。

今夏の猛暑や大雨の影響もなく、開花時期は例年通り。園は「つぼみも多く、これから1週間ほどで見頃を迎える。赤いヒガンバナとの共演も楽しんでほしい」と話している。

ソース(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20120922000019

写真=庭園入り口付近で咲き始めた純白のヒガンバナ


4:やまとななしこ:2012/09/22(土) 10:31:45.98 ID:h1aRATVx

可憐でかわいい。



古都・京都の夏を彩る風物詩『五山送り火』、夜空にゆらゆらと燃え上がった巨大な炎の文字が観光客らを魅了 はてなブックマーク - 古都・京都の夏を彩る風物詩『五山送り火』、夜空にゆらゆらと燃え上がった巨大な炎の文字が観光客らを魅了

15:00

entry_img_101.jpg
Image Credit:J_o





◆引用元◆
【京都】夜空にゆらゆらと燃え上がった巨大な炎の文字…古都・京都の夏を彩る風物詩「五山送り火」、浴衣姿の見物客から歓声(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1345124156/

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/08/16(木) 22:35:56.96 ID:???

古都の夏を彩る風物詩「五山送り火」が16日、京都市街を囲む山々で行われ、夜空にゆらゆらと燃え上がった巨大な炎の文字が観光客らを魅了した。

市内のビルのネオンが消えた午後8時、東山の如意ケ嶽で、一画最長約160メートルの「大」の文字が鮮やかに点火。続いて「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」が次々に浮かぶと、浴衣姿の見物客から歓声が上がった。

送り火は、盆に迎えた先祖の霊を再び送り出す伝統行事。昨年、岩手県陸前高田市の松を燃やす計画が浮上したが、混乱の末中止になった。現在はその松で仏像などを作る取り組みが進んでいる。

ソース(中日新聞・共同通信)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012081601002045.html

写真=古都の夏を彩る風物詩「五山送り火」で、夜空に浮かび上がった「大」の文字


11:やまとななしこ:2012/08/17(金) 07:48:57.81 ID:+J9biTut

大文字焼き見たことないんだけど…
死ぬまでには一度は見てみたいな大文字焼き。



【花】南丹市 幻の花『リュウゼツラン』、植栽49年目の開花( *´ω`*) はてなブックマーク - 【花】南丹市 幻の花『リュウゼツラン』、植栽49年目の開花( *´ω`*)

22:00

リュウゼツラン
Image Credit:Stan Shebs

◆引用元◆
【京都】「長い年月を経て、忘れかけていた少年時代の夢がかなった」…幻の花「リュウゼツラン」、植栽49年目の開花、南丹の民家(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1344659572/

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/08/11(土) 13:32:52.22 ID:???

熱帯域で主に自生するリュウゼツランが、暑さが影響したのか、京都府南丹市八木町美里の民家で開花した。30~50年に1回だけ黄色い花を咲かせる「幻の花」とも言われ、庭に植えてから49年目の夏にあたるという。

高校で生物を教えていた元教諭の竹井勝美さん(65)が1963年、宮崎県の観光地・青島へ修学旅行で行った際、お土産としてリュウゼツランの株を購入し栽培を始めた。

リュウゼツランは、米国南部やメキシコの原産。その仲間が蒸留酒テキーラの原料になる。

竹井さん方のリュウゼツランは6月から花茎がぐんぐんと伸び、8月までに家の屋根を越すほどに成長した。現在は高さ約9メートル。先端に淡い黄色い花を幾つも咲かせ、道行く人が時折見入っている。竹井さんは「長い年月を経て、忘れかけていた少年時代の夢がかなった」と語った。

ソース(京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20120811000070

写真=ぐんぐんと花茎を伸ばし、黄色い花を咲かせているリュウゼツラン


5:やまとななしこ:2012/08/11(土) 14:08:25.53 ID:N+ULGOfW

うお、でけぇ!
センチュリープラントだな



京都市伏見稲荷大社 幻想的な灯篭や提灯が境内を彩る『本宮祭』が始まる(22日も午後7~10時に点灯) はてなブックマーク - 京都市伏見稲荷大社 幻想的な灯篭や提灯が境内を彩る『本宮祭』が始まる(22日も午後7~10時に点灯)

13:50

伏見稲荷大社のお稲荷さん 
◆編集元◆
【京都】灯籠や提灯、夏の夜を彩る、伏見稲荷で本宮祭…幻想的な行灯画、境内彩る(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1342886668/

1:生徒もろきみ!φ ★:2012/07/22(日) 01:04:28.12 ID:???

京都市伏見区の伏見稲荷大社で21日、灯籠や提灯(ちょうちん)の明かりで夏の夜を彩る本宮祭が始まった。境内には約5千個の提灯が並び、浴衣姿の家族連れが夕涼みを楽しんだ。 

本宮祭は、稲荷大神の分霊をまつる全国の崇敬者が参拝する祭事。昨年10月に境内の改修工事が終わり、新しい社殿で営んだ。 

午後7時、提灯に明かりがともり始めると、稲荷山の参道が淡い光で包まれた。幻想的な雰囲気の境内には、京都在住の画家らが描いた行灯(あんどん)画約400点も飾られ、参拝者が涼しげな色合いの朝顔や水辺で戯れるカモの絵に見入っていた。22日も午後7~10時に点灯する。 

ソース(京都新聞)
http://kyoto-np.jp/sightseeing/article/20120721000104 

写真=幻想的な行灯画が境内を彩る本宮祭 
http://kyoto-np.jp/picture/2012/07/20120721214607motomiya.jpg 【写真リンク】

2:やまとななしこ:2012/07/22(日) 01:39:01.40 ID:DBnzbv7I

ほぅ、これはいい 



晴明神社がツイッターやフェイスブックから願い事を投稿できるサイト『星に願いを』を開設 はてなブックマーク - 晴明神社がツイッターやフェイスブックから願い事を投稿できるサイト『星に願いを』を開設

22:00

◆編集元◆
【ネット】晴明神社が七夕サイト開設
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1341449716/

1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/07/05(木) 09:55:16.75 ID:???

星に願いをつぶやきませんか―。平安時代の陰陽師、安倍晴明を祭る 
晴明神社(京都市上京区)が、七夕の願い事をツイッター(短文投稿サイト)や 
フェイスブック(交流サイト)から投稿できるサイトを開設した。 

晴明は、星の動きを観測して吉凶を占ったとされる天文博士。 
山口琢也宮司は「いにしえの心持ちで星に願いを託してみては」と話している。 

サイトは「星に願いを」。 
応募者が40字程度の願いを自分のツイッターかフェイスブックを通じて送信すると、 
サイト上に短冊として示される。 
既に400件以上が寄せられ、「娘の就職が決まりますように」と世相を反映した 
ものも。 
(共同) 

ソースは 
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012070501000722.html 

サイトの画像は 
http://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2012070501000774.jpg 【写真リンク】

■晴明神社 http://www.seimeijinja.jp/ 
星に願いを http://www.hoshinega.com/jp/ 

2:やまとななしこ:2012/07/05(木) 10:07:38.24 ID:bsSjJDSd

と、せいめい神社がせいめいを発表


おすすめブログ最新記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。