恋愛・結婚・生活
グルメ・動物・趣味
アンテナヘッドライン

 はてなブックマーク - スポンサーサイト

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとやらしい名前の函館名産『マコンブ』、収量も上々、出荷作業が本格化( *ノωノ) はてなブックマーク - ちょっとやらしい名前の函館名産『マコンブ』、収量も上々、出荷作業が本格化( *ノωノ)

07:30

Seaweed
Image Credit:monkeypuzzle

◆引用元◆
【北海道】「今年はしけが少なく、海面の透明度もよかったよ」…函館名産のマコンブ、収量も上々、出荷作業が本格化(写真)
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/femnewsplus/1347375188/


1:生徒もろきみ!φ ★:2012/09/11(火) 23:53:08.21 ID:???

【函館】高級だしコンブ「白口浜」の産地、函館市南茅部地区のマコンブ漁が8月末で終了した。天候に恵まれた今年は順調に出漁を重ね、生産量も好漁だった昨年並みの3500トンを確保できる見通し。浜では出荷作業が本格化している。

今年は養殖コンブ漁が7月1日、天然コンブ漁が同17日に解禁され、8月末までに全漁区で水揚げが終了。南かやべ漁協は「例年は9月にずれ込む地区もあるが、今年はしけが少なく、海面の透明度もよかった」と振り返る。

同地区のマコンブは身が厚く、切り口が白い特徴から「白口浜」のブランドで知られ、関西方面を中心に出荷される。昨年度の生産高は3460トン、48億1900万円。天然コンブは前年を約300トン上回る725トンと豊漁だった。

同漁協は本年度も天然、養殖合わせて約3500トンの生産を見込み、8月末現在の取扱量は前年同期比34%増の987トン。漁協の集荷場には連日、乾燥させ、束にしたコンブを組合員がトラックで運び込んでいる。函館市豊崎町の漁師(45)は「今年は暑さに参ったが、採取は順調だった。実入りも文句なし」と満足そうだ。

浜では今後、最も高値がつく最高級品「元揃(もとぞろえ)コンブ」づくりも最盛期を迎え、10月にも漁協と問屋の値決め交渉が始まる。

道漁連と北海道水産物検査協会によると、昨年度の道産コンブの生産量1万5400トンのうち、南茅部地区が主力の函館産は6200トンと約4割を占めている。

ソース(北海道新聞)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/403296.html

写真=南茅部漁協の集荷場に続々と運ばれる白口浜マコンブ


2:やまとななしこ:2012/09/11(火) 23:59:51.14 ID:3G6ksKWm

俺のチコンブも収穫してください!


スポンサーサイト

おすすめブログ最新記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。